November 08, 2010

福岡伊丹(JAL)

先日、新築中の家を見に行くために乗った飛行機の、窓からの景色。

Dsc_0062a


睡眠時間1時間半だったので眠かったが、雲海に見とれる。

この日夜は、3時間のうちに焼き鳥→中華→たこ焼き。満腹満腹。

| | Comments (8)

January 04, 2010

穏やかな新年

でしたか?みなさん。私は結構忙しかったっす。

09年も2年続けて31日まで仕事。気づいたら年が明けてました。
フロアに残っていた同僚と乾杯。
仕事を続け、朝5時半にwebチェックインしようとしたら……

飛行機、欠航やて。

いやはや。空港に行き、別の会社の便に振り替えてもらう。
新年早々、なんだか気分悪っ。隣のカウンターのお客さんもかなり怒っていたし。

Dscn0122Dscn0134幼少期と、小学生から中学生の途中まで過ごした香椎の上空を通過。機上でご来光を仰ぐ。
今年もいい1年でありますように。

伊丹からOCAT→JR難波→奈良の実家。空港バスでは熟睡。

Dscn0159Dscn0167
Dscn0178
Dscn0180嫁の実家では美味尽くし。
美酒や心尽くしの食事・はり重の(おそらく超高級な)お肉など頂く。たこ焼きはイマイチだったけど。
お父さん、お母さん、いろいろありがとうございました。

 
 
 
 
 
 
翌2日は元正天皇陵などを巡る。
新幹線で帰宅。
Dscn0220Dscn0231
大阪駅で売ってたひこにゃん、かわゆい!!

「のぞみ」の車内ではコーヒーを相棒にして、北朝鮮の本を読みながら、ミスチルのDVDを楽しむ。
3日から仕事。

今年もみなさんにとっていい一年になりますように。

| | Comments (0)

December 09, 2009

フィンランド航空 関空→ヘルシンキ(09年11月)

Dsc_0096フィンランド航空は成田・名古屋・関空と3つの空港から出ているほか、仁川や上海便もある。旅程と相談し、関空便を使うことにした。

ほかの欧州系の航空会社と比べて運賃が安く、ヘルシンキを経由して欧州各国へ向かう人も多い。通路を挟んで隣の学生はスペインへ、後ろの学生はイタリアに行くという。フィンランドだけの人は少なそう。

11時50分の定刻に出発。機内はとても清潔。後方中央の列で一箇所だけ、前に座席がない席がある。足が伸ばせるのでかなり楽ちん。ビジネスクラスより快適ってな訳ではないが。

Dscn9089Dscn9086各座席に個人用のモニターがある。タッチパネル式。
リモコンもあるが、パソコンのキーボードみたいでおしゃれ。
なんとなく北欧っぽい。

ヘルシンキを舞台にした映画「かもめ食堂」があるって聞いていたのですが、探しても見つからず。
子供はトムとジェリーを何度も見ている。俺、「テレビチャンピオン 車庫入れ王(?)選手権」。この番組、春にキャセイ航空の福岡香港便でみたのと同じ。

Dscn9090子供がもらったグッズ。ほかに大きめのバッグがあり、俺が使っています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Dscn9095Dscn9098Dscn9127機内食は2回。最初の食事は離陸の40分後。メニューは配られず、メーンは2種類(鶏かビーフストロガノフ)から選べる。まずまず。なぜ機内食には蕎麦がついてくることが多いのか。2度目の食事は、到着1時間半ほど前。濃厚なトマトソースがかかったペンネ。トマトがだめな俺はあまり食べられず。
 
 
 
 
 
 
Dscn9117ルート図が立体的で面白い。
ほぼ定刻の15時13分に着陸。10時間ちょっとの空の旅でした。

| | Comments (0)

December 31, 2008

元気に帰国してます

ここ数日、ほんといろんな仕事が降ってきて、自宅でほとんどパソコンと向き合う時間がなかったのと、
使っているパソコンが故障して修理に出していたりして、
いつものように更新が遅れました。

欧州旅行から無事、帰国しています。

ハンガリーの鉄道がストライキを起こしていたので、
一部の列車に乗れないというハプニングがありましたが、
その他はほぼ計画通り。

その様子はおいおい書いていこうと思います。
いくつか写真のみ紹介。

Dscn2606フランクフルトでクリスマス市
 
 
 
 
 
 
 
 
Dscn2741ホテルの部屋から見た「くさり橋」と「漁夫の砦」
 
 
 
 
 
 
 
 
Dscn2828ブダペストの市場。「パプリカ」を売る店が多い
 
 
 
 
 
 
 
 
Dscn3012チューリヒ中央駅構内。奥に見えるのは「スワロフスキー」製のクリスマスツリー
 
 
 
 
 
 
 
 
Dscn3100この旅で一番感動したケルン大聖堂
 
 
 
 
 

 
 
  
Dscn3183帰りの機内食の間食。鰻丼とビーフシチューという変な組み合わせ
 
 
 
 
 
 
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

15日 会社に泊まりこんで仕事
16日 夕方帰宅。なんとか旅行準備整う
17日 5時過ぎに家を出て福岡→成田→フランクフルト→(夜行列車)
18日 →プラハ→ブダペストの予定が、
    ハンガリー鉄道がストのため国境駅で降ろされる。
    真っ暗だったので心細かったが、
    白タクのお兄ちゃんと交渉し、なんとかブダペストに
19日 ブダペスト街歩き
20日 本来なら、ブダペスト→ウイーン→チューリヒと、
    風光明媚なコースをたどる予定が、
    ハンガリー鉄道ストのため変更。
    飛行機でチューリヒへ。
    土産を買って、夜行列車→
21日 →アムステルダム→ブリュッセル→ケルン→フランクフルト
    疲労困憊で飛行機に乗り込む→
22日 →成田→福岡。午後11時ごろ帰宅
23日 子供にお土産を渡す。夜は家で手巻き寿司
24日 同僚と飲みに行ったような
25日 同僚と朝5時まで居酒屋で鯨飲
26日 休み。クリスマスを祝う
27日 忙しかった記憶しかない
28日 同僚と朝5時まで居酒屋で痛飲
29日 休日出勤で朝4時まで仕事

| | Comments (0)

February 03, 2008

チャンギの新ターミナル

けさ、シンガポールから帰ってきました。

Dscn3332

1月9日に開業したという、チャンギ空港の「ターミナル3」。
いまのところ、シンガポール航空のみが使用しているらしい。
なんだか華やかで、静かに興奮してしまった。

シンガポールは思っていたよりずっとおもしろい街でした。
暑いのが難点だが、子供にやさしく接してくれる人が多いし、食事は旨いし、
ぜひとも再訪したいなぁ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2月 2日  5326歩 帰宅してから3人とも爆睡
    1日 23589歩 よう歩いたなぁ。アラブ街など散策。深夜便。子供はほとんど泣かなかった
1月31日 12687歩 シンガポール動物園へ。よくできてるなぁと関心
   30日 20462歩 中華街満喫。夜はナイトサファリ。思ったより…
   29日 11719歩 いつものように早朝まで仕事。1時間ねて出発
   28日  6703歩 仕事が終わった後、急いで残務処理。忙しかった

| | Comments (0)

January 22, 2008

板付遺跡

福岡空港から飛行機に乗るときは、
できるだけ進行方向右側の窓際の席を選んでいる。
離陸直後に「板付遺跡」が見えるから。

環濠が再現されている。
日本列島で最初に水田を開拓した人々の息吹が窓越しに、感じられる、かな?

| | Comments (2)

April 16, 2007

諫早湾締め切り10年だって

14日は、新居の最終確認と、入居手続きを行うため、福岡へ行ってきた。
で面倒くさいいろんなことは午前中に終了。突発的に鉄道に乗りたくなったので長崎へ行き、長崎空港から大阪空港経由で帰宅する。
その道中はとても楽しかったので、また後日書きますが、
きょうは、長崎から伊丹へ向かう機内や、帰宅後に感じたことを。。

長崎空港を離陸。外をなんとはなしに見ていると、
綺麗に長方形に仕切られた耕作地。
あ、もしかしてと写真をパチリ。

Img_7668写真では全くわからないと思いますが、これ、諫早湾の開拓地と、海を仕切って作った調整池、有明海です。

調整池も有明海も、激しく汚れている。ショックを受ける。

帰宅後の翌朝、新聞を読むと、14日は干拓事業のため諫早湾が閉め切られてちょうど10年だったという記事があった。

忘れられません。湾と開拓池を仕切るための鉄板が、海を殺すギロチンのように次々と落ちていく姿。
海苔が壊滅的な影響を受けたこと。
そのときは海が死んでしまうことに憤りを感じていたけど、
最近は全然気にも留めていませんでした。

記事によると、海はまだ再生していないようだ。
しかも、開拓反対派と推進派との間の心の溝も、まだ埋まっていないという。

税金をドブに捨てるのはかまわないが(うんにゃ、やっぱりよくないか、でも、、まあいいということにして)、
負の遺産を残されるのはたまらない。
いや、我々が残す事は許されない。許しちゃいけない。
全国各地、いろんなところでこんなことが起きているのだろう。
しっかり見て、おかしなところはおかしいと声をあげなきゃならない。そう強く思ったのでした。
(なんだかまとめ方がうまくないなぁ。ぷち酔っ払いなので許してください)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
15日  7063歩 我が子は、抱き癖がついている鴨。だっこするとすぐ泣き止む
14日 24437歩 一睡もせず福岡へ。疲れまくった
13日  7204歩 なんだか忙しかったなり
12日 11957歩 昼は、「トライ」でサーロインステーキ。ご飯と味噌汁おかわりして満足!
11日 15357歩 昼は、天下一品で唐揚げ定食。スープも完食!
10日 10716歩 引越し業者が下見に来た。ちょろっと会社で仕事

| | Comments (0)

January 05, 2007

上空から百舌鳥古墳群

先ほど、実家のある福岡から自宅へ帰ってきた。

福岡から大阪までは飛行機を利用。

Img_yuuto幼児用の航空券ってあるんや。
ちゃんと名前が入っている。哺乳瓶の印がかわいい。

機体はMD-81。通路を挟んで2列席と3列席。
隣に知らない人が座ると、こちらも気を遣うが、2列席が取れたので、ちょっと安心。
しかも、子連れ客が多いので、泣き叫んでも理解を示してくれるだろうと、すこし気が楽になる。

息子は終始ご機嫌で、おりこうさんにしていてくれました。

松山市上空付近を通り過ぎると、雲がなくなり、瀬戸内海や四国がはっきり見える。
飛行機は和歌山上空で左旋回し、大阪で再度左旋回し、着陸するということだったので、期待していたら・・・

Img_6588どどーーん、百舌鳥古墳群がばっちり見えた。大仙古墳(現仁徳天皇陵古墳)や、その左下の上石津ミサンザイ古墳(日本で3番目に大きい古墳)、その右下にある土師ニサンザイ古墳(同8番目)などがくっきり。

すごい風景を、しばし満喫する。

そんな時、隣に座っていた嫁は、ゆずジュースを見ながら一言

「これって、なんか検尿みたい」

Img_6573まあ、見えないこともないが。
 
年末年始は暴飲暴食だったので、胃が疲れ気味。今日あすは禁酒します。
 
 
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 4日 10379歩 博多南線に乗る
 3日 13829歩 嫁が高熱でダウン。夢はこのことか。でも、一晩で回復
 2日  5575歩 福岡へ。初夢は、嫁の背中に火がつく+嫁が雷にうたれる。気分が悪かった
 1日  6002歩 携帯のデータが生きていた!! 
31日 10966歩 義父と打ちっぱなしへ。生まれて2度目。なかなか飛んでくれない
30日  5982歩 夕飯の水炊きが旨かった
29日  8242歩 大型ごみを捨てに行く

| | Comments (26) | TrackBack (0)

October 31, 2006

ちょっと銚子まで①

本当なら、きょう31日も東京にいる予定だったけど、日帰りで帰ってきた。

          <予定>

30日 伊丹→成田 銚子までぐるっと
     上野で「ダリ展」
     銀座ライオン(7丁目)で美味生ビール
31日 上野で「エジプト展」
     築地の「かつ平」でロースカツ定食
     上野で「エルミタージュ展」
     羽田→伊丹

          <実際の日程>

30日 伊丹→成田 銚子までぐるっと
     秋葉原のヨドバシカメラでICレコーダー
     銀座ライオン(羽田空港)でまぁまぁうまい生ビール→信州そばのあずさでまぁまぁのざるそば
     羽田→関空

ああ、エジプト展行きたかったが、まあしゃーないな。

子供がぐずってたので、朝3時に起き、オムツ替えたり、子守唄歌ったり。
5時半前に家を出て、JR難波→空港バスで伊丹へ向かう。
空港まで熟睡していこうと思っていたが、甘かった。
「切符どこ」「さっき渡したやん」「もらってへんで」「あ、私が2枚もってるわ。はははは」と、バスに乗り込むときから元気はつらつのおばちゃん。車内での談笑に悩まされる。ほぼ定刻に伊丹到着。頭はぼーーっとしている。なんだかブルー。

Dsc_0001飛行機は侍ブルーの国際線仕様。また「なんちゃってビジネス」で成田へ向かう。ラウンジでさっそく生ビール。朝ビールは酔いも回る。
近畿から中部にかけて、気持ちがいい秋晴れ。「太陽の塔」や「巨椋池の干拓田」、「名古屋テレビ塔」が確認できる。富士山はあいにく中腹に雲がかかっていたが、「頭を雲の上に出し~」の姿そのまま。写真を撮ろうと小型カメラを出したが、子供をあやしていてバタバタ出てきたので、充電中の電池をもってくるのを忘れてしまった。
大きな揺れもなく成田に到着。

Dsc_0003きれいになった第一ターミナル南ウイング。たしかにお化粧直しはしたが、旅心が盛り上がるのは、やはり関空の方だなと感じた(ややひいき目だけど)。
さあて、私も出発。成田空港駅を11時ちょうどに出発する快速に乗り込んだ。
 
 
 
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

10月29日  7122歩
    30日 13652歩

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 29, 2006

ちょっと儲かった気分

すごく貧乏臭い話なので、あんまし書く気にならなかったのですが、
ネタがないので、恥を晒します。

飛行機に乗ると、ちょっとだけ儲かった気分になる時がある。

・国内線なのに「なんちゃってビジネスクラス」「ファーストクラス」
行き先や出発地が成田や関空などのとき、まれに国際線で使っている機材を国内線で使っていることがある。そういう便にでくわすと、「なんちゃってビジネスクラス」を体験できる。
先日関空から福岡へJALで帰ったんですが、
 
Img_5516その時も、国際線仕様の便でした。「クラスJ」を予約していたので、ビジネスクラスの席に座ることができました。しかも新型の「JAL SHELL FLAT SEAT」とやらで、乗っているのはたった50分なのですが、ごっつ儲かった気分。
隣の人は、完全にベッド状態(水平)にしてました。私は恥ずかしくて出来なかった。

・オーバーブッキング(過剰予約)
航空会社では空席を出さないために、キャンセルをあらかじめ見越し、多めに予約を入れています。この予測が外れキャンセルする人が少ないときは、座席につけなくなる人がでてきます。
これがオーバーブッキングですが、そんなときは嬉しくなります。
座席が不足した時、自主的に次の便に変更する場合、協力金(普通1万円)がもらえるのです。(宿泊する必要があるときは宿泊費も!)。
急ぐ旅行でないときには、「オーバーブッキングにならないかなぁ」と、つい貧乏心が出てしまう。
経験したのは一度だけですが、嬉しかったなぁ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

嫁の妊娠が間近なので、私も一緒に里帰り。
(自宅から実家まで車で15分くらいなのです)。
なんだか気を遣ってしまい、プチ疲れ気味なり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)