November 30, 2010

ドイツビール2種

Dscn5046Dscn5054


母から誕生日の祝いで貰った
NEUMARKTER LAMMSBRAU DINKEL(ノイマルクター・ラムズブロイ・ディンケル)。
「酵母入りにごりビール」と説明書きにある。白ビールのことか。
麦を飲んでいるような感覚。非常に美味。


Dscn5080Dscn5090


こちらは近くのスーパー「ボンラパス」で買った
WEIHENSTEPHANER HEFF WEISSBIER(ヴァイエン ステファン ヘフヴァイス)。
これも白ビール。
私はピルスナーよりも白ビールのほうが好きなということがよくわかった。

| | Comments (6)

一番絞り 2010 とれたてホップ

Dscn4833Dscn4844


今年の一番絞り とれたてホップは、例年に比べホップの香りが薄いような気がする。
やや残念。
ヱビス・ザ・ホップを最近よく飲んでいて、それと比較してしまうせいなのか、体質が変わってきたのか。

| | Comments (45)

ビール北から南から

たまたま近くのスーパーに「クラシック」と「オリオン」が売っていたので、
同時に飲むとどんなもんなんやろと思い、1缶ずつ買う。

Dscn4886


350㍉リットル。値段はオリオンのほうが安いので勝負ありだが、
クラシックは「北海道限定」の文字が光る。
北海道と沖縄。距離にしておよそ2200㌔(札幌-那覇)。


Dscn4891
知事選もあったということで(意味不明)、まずはオリオン。ぐびり。清涼感。この軽さがいいね。南方系のビール(ビンタンやヒナノ)って、なぜこんなに軽い感じがするんだろう。コーンスターチのにおいがやや気になるといえば気になる。
 
 

Dscn4912
次はクラシック。ぐびり。安定感。ラガーの見本の味。鍋物と一緒に飲んでも、クラシックの存在感はきっちりと主張するが、食べ物の邪魔はしない。偉い。

昼飲みにはオリオン、夜ならクラシックがいいかなというのが結論です。

| | Comments (88)

November 09, 2010

アサヒ オーガニックプレミアム

午前中に届いていました。
ネット限定、10缶(350㍉リットル)で3000円、つまり1缶300円というなかなかのお値段。

Dscn4856Dscn4857Dscn4862

仕事から帰り、さっそく一杯。
色はやや薄め。香りもさほど感じられない。

ぐびり。

うーむ。味もやや薄め。
これといった特徴がない、とがったところがない、整った優等生の味。
おいしいのですが、「ビールを飲んだぞ」という満足感が少々乏しいかな。
もう1本、濃い目のやつが欲しくなってしまった。

有機栽培の麦芽とホップを育てるというのは大変なんでしょうね。

こんなビールを造ろうと言った開発者の人も、それを許した責任者も偉いと思う。

こんなビールが増えて、味で競う世の中がくるとうれしい。
オーガニックビール。頑張れ、もう一踏ん張りです!!

| | Comments (59)

November 01, 2010

「博多・天神落語まつり」と「福岡オクトーバーフェスト」(10月29日)

今年も「落語まつり」がやってきた。仕事や家庭サービスの都合上、2公演のみしか行けない…。

初日は福岡銀行本店の大ホールで行われた「笑点オールド団の会」。
15時開演まで時間があったので、ジュンク堂に立ち寄り、山本義隆「熱学思想の史的展開」1~3、ニールス・ポーア論文集(山本義隆編訳)「因果性と相補性」、ロンブ・カトー(米原万里訳)「わたしの外国語学習法」を買う。
喫茶店で軽く読む。いずれもおもしろそう。
で、14時半ごろ会場に。

Dscn4708

  三遊亭王楽   たらちね
  三遊亭小遊三  家見舞(肥瓶)
  林家木久扇   その時歴史が動いた
  三遊亭好楽   紙屑屋
  桂歌丸      城木屋

王楽さんは好楽さんの息子らしい。お父さんとは違って端正なお顔立ち。小遊三さん・好楽さんの落語をじっくりと聴くのは初めてだが、さすがに聴かせる芸をお持ちだ。歌丸さんの噺はもう少し聴いていたかった。

その後、会社の同僚らと合流し、「福岡オクトーバーフェスト」へ。

Dscn4710Dscn4711Dscn4714

やや肌寒かったが、ドイツビールやソーセージをいただく。白ビール旨いの何の。
楽団の演奏がややうるさく感じたのは私だけ? 司会の女性は、声を張り上げすぎ。


Dscn4718


ラーメンで〆。

| | Comments (0)

October 26, 2010

サントリー「琥珀の贅沢」(10年10月23日)

  ※原材料:発泡酒、スピリッツ(小麦)、炭酸ガス含有
   アルコール分:6% 


Dscn4647Dscn4652


簡単にいうと、「琥珀ヱビス」の発泡酒版。見た目も味も、黒ビールとピルスナーのハーフ&ハーフ。嫁は「飲みやすい」と言っていたが、私はちと物足りない。ただ、これは好みの差でしょう。
発泡酒としては合格。

…ただ、量は330㍉リットル。通常の缶よりも20㍉リットル少ない。なんだか世知辛いなぁ。


 缶の説明書き:
「天王山・京都西山の麓、京都ビール工場において数量限定で製造しています。当社主要ジャンルと比べ、原材料となる発泡酒の熟成期間の基準を5割長くし、素材本来の旨みをじっくりと引き出しました」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

春から続いていた仕事がやっと一段落。
引き継ぎもほぼ終わった。


私生活では、
次男が生まれたり、その子が入院したり、
関西に土地を見つけて、家を建て始めたり、
タイガースが敗れ、ホークスも優勝したのに日本Sを逃してガッカリしたり、
と、いろいろありました。
そうそう、今日から英会話教室に通い始めました。

| | Comments (0)

March 20, 2010

Hideji beerは旨い

今年に入って減量を始め、約5㌔は軽くなりました。
とはいえ暴飲暴食は変わらず。ビールの消費量も減ってはいません。

2010年になって3ヶ月と少しですが、
これまで飲んだ中で一番旨かったビールは、
 
Dscn1408Dscn1410
 
 
宮崎のHideji beer(ひでじビール)。博多大丸で500円!! 買うのにかなり悩みました。

うちの嫁はパン作りが好きで、天然酵母を使いじっくりと発酵させたものをよく作っているが、
このビール、我が家のパンと同じような味がする。
麦の味、おいしさが凝縮されている。

もう少し安いと嬉しいけど、
地ビールだから仕方ないのかなぁ。
麦酒好きには必飲ですぞ。

| | Comments (0)

December 01, 2009

フィンランドのビール

早めの冬休みを取り、11月上旬にフィンランドへ行ってきました。
ストで一日帰国が遅れるという波乱がありましたが、それは後日詳細するとして、

フィンランドで飲んだビールについて。


Dscn9140Dscn9216Dscn9237Dscn9244Dscn9333Dscn9346Dscn9354Dscn9424Dscn9431
 
 
  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
うーむ、結論は「日本のビールと変わりなし」。
 
はっきり言うと、「プレミアムモルツ」の方がおいしいな。
 
 
 
とはいえ、トランジットで立ち寄ったフランクフルト空港で飲んだ
Dscn9512Dscn9515Dscn9516Dscn9524は、もう本当に目が覚めるくらいの旨さ。ドイツビール恐るるべし。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ミスチルのライブ、まだ余韻に浸っています。ありがとーーーー。
 
嫁、5週間目とのこと。まだ心音は聞こえない。しみじみ嬉しい。

| | Comments (0)

June 29, 2009

コクの時間

長期間、更新を怠っていました。すんません。
元気なのですが、
若手向けの研修などで忙しい上に、
愛用のノートパソコンの調子が悪く、
なかなか時間が作れませんでした。


Dscn6453Dscn6456a_2
みなさんはどんなメモ帳を使っていますか?
私が使ってているのは、コクヨの測量野帳。
本来は工事関係者向けの手帳ですが、
私が大学生のとき、発掘などで先輩が使っているのを真似して使い始めました。
上質紙で青い3ミリ方眼も入っており、
スケッチやメモ書き、スケジュール管理など何でも重宝します。
立ったままでも書きやすいように、丈夫でしっかりとした紙製表紙。
万年筆やゲルインクのボールペンでも滲みることがなく、
40枚綴じながら薄く、持って歩いても邪魔になりません。
(なんだか宣伝みたいになってしまったが)


26日 休み

12時起床。友人の准教授就任お祝いに持っていくため、近くの酒屋で「伊佐美」を買う。

Dscn6470Dscn6463Dscn6467夕飯はグラタンと白ソーセージ(ヴァイスヴルスト)。
ビールは24日発売の「コクの時間」(リキュール<発泡性>)。
「コクの概念を変えるまったく新しいコク。コクなのに、キリッと引き締まっている。それが、はじめて出逢う、清冽なコク」というのが売り文句。
ごくり。これが新しいコクなのか。
うすくてコクが全然感じられない。
失礼だけど、こんな商品に麒麟マークを大きくあしらっていいのだろうか。
評価:★★(5点満点で2点)

27日 
8時半に起き、午前中は子供と公園で遊ぶ。
炎天下の砂場に1時間。照りつける日差しに頭はクラクラするが、子供は元気に走り回っている。
夜は同僚と居酒屋。6時まで飲んだり食べたり。
家のドアを開けると、玄関に子供が立っていてびっくりした。

28日 
休み。12時起床。胃が重かったけど、昼食は牛丼。
少しドライブ。おやつは「Marble Blanc」の白玉あずきパフェ。甘い。おいちい。
Dscn6503Dscn6505Dscn6512夜はお刺身・アサリと春雨のバター蒸し。

ビールはベルギー産の「Mystic Cherry」(ミスティック チェリー)=小西酒造輸入。
「ホワイトビールをベースに、25%のチェリージュースを加えた低アルコールのフルーツビール。3度くらいに冷やしてお飲みください。 麦芽・ホップ・小麦・チェリージュース・糖類・甘味料(アセスルフォムK)・酸化防止剤(ビタミンC))。
さわやかで飲みやすいが、やや甘ったるい。刺身には合わない。
評価:★★★

| | Comments (0)

March 10, 2009

発泡酒・田代太田古墳・焼き鳥「いっせい」

3月 9日 「アサヒOFF」。雑味あり、俺にとってはやや苦手な感じ。決してまずくはないが…。
      WBC韓国に敗れる。一塁側スタンドにいた林家ペー・パー子の姿が気になって仕方なかった
 
    8日 Dscn4705「クリアアサヒ」。結構美味。麦酒らしい味がする。売れているだけのことはある。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

休みだったので鳥栖のアウトレットモールへ初めて行ってみた。
ロイヤルコペンハーゲンが安売りしていたので、ティーカップを買う。
帰りに田代太田古墳と、庚申堂塚古墳・安永田遺跡を廻る。
 
Dscn4680Dscn4690Dscn4693田代太田古墳は国指定の円墳。チブサン古墳のように三角紋が並ぶ装飾古墳。
壁画は年1回の公開らしく、見ることができなかった。
庚申堂塚古墳は、田代大塚のそばにある、6世紀後半の前方後円墳。横穴式石室で、玄室内部に赤色顔料が塗られていた。
2段築成ということがよくわかる。
安永田遺跡は、銅矛と銅鐸の鋳型が見つかった、弥生時代の青銅器鋳造遺跡。
久しぶりに遺跡を歩いて気分がいい
 
   7日 Dscn4649Dscn4650Dscn4654_2夜は家でビビンバ。混ぜて混ぜて、また混ぜる。コチジャンを入れて、また混ぜる。
焼酎「甕の雫」を開封した。薬品のような香りがわずかだがする
 
 
 
 
 
 
 
 
  
   6日 同僚と飲みにいく予定だったがキャンセル。自宅で大人しく焼き魚と豚汁。
 
   5日 Dsc_0040_2子供と一緒に門司港の鉄道記念館へ。
11時半ごろ小倉駅。14日に運転が終わる「はやぶさ」が約2時間遅れでホームに入ってきた。思ってもみなかった「遭遇」に喜ぶ。
記念館では鉄道模型とプラレールに夢中のわが子。「鉄分」高そう。
 
 
 
   4日 Dscn4607Dscn4609
夜は家族で西新の焼き鳥「いっせい」。「軟骨のポン酢炒め」は、タマネギの酸味が全く感じられず、甘くて旨い。
「銀だらみりん」も旨かったなぁ
子供は初焼き鳥に満足の様子

 
 
 
  
    3日 「シルクヱビス」。口当たりがびっくりするくらい滑らか。しかしヱビスらしい、しっかりとした味わい。
 
    2日 仕事で一日忙しかった
 
    1日 この日も仕事が忙しかった
 
2月28日 ミスチルのチケット、やはり取れず
 
   27日 夜は行きつけの居酒屋へ。
       〆のそばが無料なのが嬉しい
 
  26日 やはり仕事が忙しかった
 
  25日 この日も仕事以外の記憶がない

| | Comments (0)