November 13, 2008

九州場所のちひょうたん寿司

きょうは休み。父母と嫁と子供と5人で相撲観戦。大阪では何度か見たけど、福岡では初めて。
昔、観戦で酔っ払ってしまい大変なことが起きたので、
今日は飲みすぎぬようにしましょう。

午後3時ごろ、福岡国際センター着。ちょうど白鵬も同じ頃に会場に到着。

Dsc_0097_2Dscn2099噂には聞いていたが、ほんまガラガラ。
朝青龍が出場していたら、ここまでひどくならなかったと思う。
しかも魁皇はこの日から休場しちゃうし。

椅子席にいる小学生の団体が大きな声援を送っているので、
少しは華やかな雰囲気になる。

升席はほんの少し大きくなった? 飛ばない座布団も。
写真は171㌢の豊ノ島と、203㌢の琴欧洲戦。
身長差32㌢もあるのに、豊ノ島が勝つのは、なかなかおもしろい。
でも、結び前の一番なのに、上の方は空席のまま。寂しいなぁ。

結びは物言いがついたものの、白鵬が順当勝ち。
場所前に八百長騒動が報じられたためかどうか分からないが、
力士は真剣に戦っていたように思う。
350㍉の麒麟麦酒を2本。うまい。

Dscn2102_2天神へ出て、人気の寿司屋「ひょうたん寿司」で上握りをつまむ。
きょうも満席。美味でした。

| | Comments (0)

September 24, 2008

広島市民球場お別れ・芸備と瀬戸内の旅<上>

プロ野球・広島東洋カープの本拠地・広島市民球場が古くなり、立て替えられるという。
「最後の姿を見に行かないか」と鯉好きな人に誘われ、先週末、広島へ1泊2日の旅に出た。

いつものように夜勤。2時間ほど寝て起きると、びっくりするような豪雨。
バスで博多駅に着くと、新幹線も在来線もダイヤが乱れている。
とはいえ、俺たちの乗る新幹線は定刻どおりに出発。
小倉を出たころから雨は小降りになる。
「のぞみ」で一時間。定刻どおりに到着。広島ってこんなに近いんだ。
福山から先は集中豪雨で列車の運行が止まっているという。幸運だった。

駅構内の「みっちゃん」なる店で美味お好み焼きを堪能。タクシーで球場に向かう。

Img_2580ビルとビルの谷間に、ひっそりと市民球場がある。着いても気付かないくらいだった。
雨はやまない。強くなったり弱くなったり。
グラウンド整備のため、試合開始が30分遅れるとのこと。
 
 
 

Img_2583Img_2584Img_2609Img_2604球場周りを散策。老朽化していて席も狭く、確かに快適ではないが、雰囲気が平和台球場に似ていてしみじみ懐かしくなった。グラウンドが狭い。
 
 
 
 
 
 
 

小雨の中、試合が始まる。
Img_2614Img_2606野球観戦には麦酒が必須でしょう、ということで、
やや肌寒いものの生ビールを入手。
クライマックスシリーズを争っている中日戦。
日曜日ということもあり、雨にもかかわらず満席だった。

Img_2648Img_2650試合中盤から雨はやみ、日が差してきた。
前田智や緒方など名選手が代打で登場し、球場も盛り上がる。
トラファンの俺も、ボルテージが上がる。

観客席とグラウンドの距離が、距離的にも心理的にも近い。
地元に愛されているんだなぁと実感し、ほんの少しカープが好きになった。

ホテルに荷を置き、

Img_2666Img_2669Img_2671
夜は「魚樽 袋町支店」で、瀬戸内の魚を味わう。刺身もいいが、「ノドグロ」の塩焼きは脂がしっかりのっていた。
やや辛口の日本酒「雨後の月」が肴とあう。しみじみといい一日だった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
23日  6955歩 王監督が辞任。涙が出た
22日 13967歩 夜遅くに帰宅
21日 16038歩 久しぶりに原爆ドームを見た
20日  7762歩 普通に仕事
19日  9629歩 深夜にラーメンの「とん吉一番」
18日  8070歩 休みでどこかに行ったような
17日  4815歩 幼稚園見学
16日 10164歩 昼は中華、夜は英国風パブ
15日  3127歩 家でダラダラしてたような
14日  6341歩 深夜にパブへ
13日  4004歩 俺流水炊き作る
12日  7277歩 深夜にパン「マンハッタン」を食う
11日  9621歩 昼に「銀チョコパン」を食う
10日  8934歩 由布院から帰宅
 9日 10876歩 由布院へ
 8日  8643歩 懸命に仕事したような
 7日  4514歩 深夜に居酒屋へ。カンパチが旨い

| | Comments (0)

September 19, 2007

またまた福岡ドームへ

ただでさえ忙しいのに、秋からの仕事の引継ぎもせねばならず、
もう頭パニック状態。

こんな時こそきちんとリフレッシュをと、17日の敬老の日、またまた福岡ドームへ。
日ハムとの天王山3戦目。
前日16日に入場券を買ったのだが、前から6列目の席を確保。
3塁側だが、さすがにほとんどがホークスファン。

Dscn1350球場内にある「すき家」でネギ玉牛丼(600円)。
ネギたっぷりで、ビビンバのようにかき混ぜて食べる。
醤油がついていれば、もっと旨くなると思うのだが…。

球場は冷房が効いていて快適。
子供が泣いて騒いでも、周りにそれほど迷惑をかけないので、
気を遣わなくて済むのもいいねぇ。

Dscn1359懐かしかったのは、日ハムの坪井。
昔は阪神にいて、俊足巧打の器用な打撃の選手だったという印象がある。

試合は新垣の完封あり、小久保の本塁打など打線爆発し12安打10点とったこともあり、ホークスの完勝。


ヒーローインタビューの後、「勝ったので花火を打ち上げます」とのアナウンス。
?? 外は雨なのに大丈夫?
Dscn1383すると、球場内が暗くなり、音楽が流れた後、天井付近に仕掛けられた花火が炸裂。
いやはやびっくり。
子供は泣いちゃうし。

ただ、この日も観戦後に仕事。
麦酒が飲めないのはややストレス…。
 
 
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
米原万里「米原万里の愛の法則」(集英社新書)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
18日  5226歩 休みだが、起きたのはお昼の1時。近くで買い物
17日  7456歩 仕事の後、同僚と中洲の焼肉屋。
            3連休最終日で中洲はガラガラ
16日 15722歩 浜を2往復

| | Comments (0)

September 10, 2007

野球三昧の1日

阪神巨人の首位攻防3連戦は、ほんとすばらしかった。
野球の醍醐味を堪能させてもらいました。
いずれも苦しい試合を制し、阪神が3タテ(涙涙涙)。
6月ごろは完全に諦めていたのに、首位に立つなんて。

で、きょう9日は野球三昧の1日。
我が家そばにある福岡ドームのデーゲーム、ソフトバンク対バファローズへ行ってみた。
前日に入場券を買ったのに、ソフトバンク側(1塁側)の内野席、通路横のなかなか便利な席を確保。

Dscn1117甲子園ならカレーか焼きそばが定番だが、
ちょっと気分を変えて「アメリカン」なお弁当に(700円)。
ホットドッグ・フライドポテトともに普通のお味。
隣に嫁が座っているので、麦酒は自粛……。
球場内には「すき家」があった。
牛丼もいいなあ。
子供のために小さなメガホンを買う。

Dscn1137試合は逆転につぐ逆転の接戦でおもしろかったが、
ソフトバンクが競り負けて首位奪還ならず。
中継ぎがあれだけ打たれると、しんどいよなぁ。
松中って本塁打15本しか打ってないんだとやや驚く。
で、川崎さん、阪神に来ませんか?
 

Dscn1140焼酎(チューハイではなく、「芋」や「麦」)が売られているのは、九州っぽくておもしろかった。
さすがにほとんどがホークスファン。でも、みんな優しすぎるのかな? 野次が全然聞こえてこなかった。

夜は痛快な試合で阪神10連勝。藤川がやや心配。

日本シリーズ、2003年みたいに虎鷹対決にならないかなぁ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
9日 14311歩 百道浜でマラソン大会。邪魔にならぬように、徒歩で1往復
8日 14901歩 浜を2往復。

| | Comments (2)

August 25, 2007

きょうからジョギング

最近、ベストの体重よりも+10㌔。
何とかして痩せねばと、家の近くの海岸をジョギングすることにした。

きょうはその初日。

いきなり走るのはしんどそうなので、主にランニング+気が向いたときにほんのちょっと走ってみた。
砂浜には、色とりどりの水着をつけて波とたわむれる海水浴客。潮騒をBGMに、潮風を受けながらの快走は気持ちがいいものだ…

…と書きたいところだが、

日差しは強いし潮風はなんか塩気が強くて肌にまとわりつくようなやや不快な感じだし、
ガキが多いし暑くてとにかく汗だくになるしで、ヘロヘロ、ボロボロになって帰宅。

冷たい麦茶が旨い。うーむ、この麦茶のために明日も走っていいなという気分になる。
できればビールがいいけれど、仕事があるので我慢。
「継続は力なり」で、とりあえず1ヶ月はがんばってみます。
果たして痩せるのか??

目標はフルマラソン! おそらく無理でしょうが。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
24日 13327歩 10㌔ほどを1時間以上かけて駆ける。
            時速10㌔なのか、俺の脚は。

| | Comments (0)

April 12, 2007

無念なり、阪神中日at甲子園

きょう会社に行くと、「甲子園の阪神中日戦のチケットがあるけど、どう?」と言われたので、
押し戴く。有難や。
天下一品で唐揚げ定食を食べて気合を入れ、阪神百貨店地下で串カツを仕入れ、
いざ聖地・甲子園へ。

Img_7585改修工事のため外壁から蔦が消えたとは聞いていたけど、
こんな状態になっていたとは。
とりあえず球場に入り、とりあえずビールを飲んでいると、初回にいきなり3点入れられる。
うーむと唸っていたら、大好きなシーツ・今岡の適時打で追いつく。

その後3点取られたが、金本の本塁打、代打・林の2点適時打で再度同点に。

Img_7587この写真は、愛しのシーツ。

その後は投手戦というか、阪神はJFKの必勝リレーだったが、打線が相手投手を捕まえきれず、
延長12回、無念の引き分けでした。

今年最後の甲子園かもしれず、ビールとともに甲子園カレーを堪能。
少し寒かったけど、ナイター観戦は楽しいなぁ。
野球場は天井なんかないほうがいいよな。(福岡ドームを意識)。
やっぱ、絶対、夏にもう一度来るぞ!!

試合が終わったのが22時40分過ぎ。家に着くと、日が替わっていました。
ああ、疲れた。無念なり。

子供のために、ベビー服とよだれかけを購入(もちろんトラ仕様)。
今度写真を掲載しますね。

| | Comments (0)

March 28, 2007

大相撲観戦後の悲劇(下)

宗右衛門町のかに料理店「網元」に到着。

刺身・焼き・蒸しなどを堪能したが、
すでに相撲観戦中にほろ酔いだったのに、
「接待」とばかり、日本酒→焼酎攻勢にあう。

もう仕事できないくらい酔っ払う。

2時間ほど歓談。

外は大雨だったので、とりあえずタクシーで地下鉄駅に向かう。
義理の父が難波で降り、俺は本町で降りた。

相撲観戦の「お弁当類」を2つと、陶器などの入った「お土産包み」3つを持ち、
ふらふらになりながら駅へ向かう階段を下りようとすると…

酔ってふらふらな上、大荷物を抱えてただでさえ不安定なのに、
雨で地面が濡れていたため、

滑ってころび、顔面をしたたかに打ちつけながら、
階段を15段ほど滑り落ちてしまいました。

踊り場で一息。乱れる呼吸を整え、散乱した荷物を片付けると、左すねから鮮血がだくだく流れているではないか。

地下鉄で帰るのをあきらめ、タクシーで自宅に戻り、
嫁に応急処置を施してもらう。俺は夢の中。

翌朝。ズボンと靴は血だらけでもう使えそうもなく、廃棄。
病院にいくと、顔面骨折と言われました。
手術してもしなくても状態は変わらないらしく、当面は様子を見ようと言われました。

いやはや。かなりへこんでます。
反省しています。
これから花見や送別会が立て込んでいます。
飲みすぎに注意します。

| | Comments (0)

March 26, 2007

大相撲観戦後の悲劇(上)

千秋楽前日の24日、大阪府立体育館で春場所を観戦してきました。
1敗の白鵬を、2敗の朝青龍が追いかける展開で、この日は直接対決。
義理のお父さんと待ち合わせ、升席を2人占め。

Img_7405お茶屋の人に先導されて、会場に入る。
好取組が多い日なので、場内はほぼ満席。
静かな熱気。意外に外国人が多い。
かすかにびんつけ油の香り。土俵って、テレビで見るより小さいなぁ。

升席は土俵正面。4人分の席が2人だけなので、楽チン観戦のはずが…。

隣の隣の席に、偶然父の知り合いが座っていて、
わが升席にやってきた。
3人で宴会が始まりました。
ビールに日本酒が次々に注がれます。
積もる話があるらしく、ずーーーーーっとしゃべっています。
土俵に集中できないっ。

Sumoudsc_0076_1きちんと見れたのは、朝青龍の土俵入りと、取り組み6つほど。
でも、高見盛のガチガチした動きや、大好きな安馬が見れて満足。
結びの一番。白鵬の立ち合いがすばらしく、勝ったと思ったが、朝青龍のとっさの投げでごろんと転がってしまった。ああ残念。

久しぶりの相撲を堪能。
行ってよかった。いい気分で会場を出ようとすると、さっきの人が「今からちょっと飲みに行こう」とのお誘いを受ける。
ほんとは会社に戻って仕事をしたかったけど、断るのも悪いから、ついて行きました。

お弁当とお土産4人分を抱え、タクシーに乗り込んで宗右衛門町の店に向かいました。
(続く)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

25日  6447歩 能登半島地震。
24日  9757歩 相撲は楽しかったが…
23日  6364歩 ほぼ一日家にいた
22日  9233歩 なんとなく仕事してました

| | Comments (0)

March 23, 2007

関西を離れる悲しみ①甲子園

私が大阪の大学を選んだのは、俺の通った学部が、国立大学にもかかわらず2次試験科目に数学がなかったことに加え、
わが愛するタイガースの聖地・阪神甲子園球場に近いというのも大きな動機の1つだった。

甲子園球場。

福岡にいた小学生のころから阪神ファンのままでいる。
85年の優勝時は、一人で歓喜。そのときの相手は西武だった。
福岡に本拠を置いていた西鉄が、買収されて西武になったので、周りには西武ファンが多かった。
そんな中、一人ぼっちで応援していた。高校生のころ、ダイエーホークスがやってきたけど、
洗脳されることはなかった。
 
Img_5654初めて甲子園球場に行ったのは、忘れもしない阪神巨人戦。
黄金連休明けの5月6日。
宿敵・巨人相手とあって、はやる心を抑えつつ、外野席に向かう。
スタンドを上りながら振り返ると、緑の天然芝と内野グラウンドの土色とが鮮やかな、とんでもなく広い空間が目に入った。
あ、これが野球場なんだなあ。
通り抜ける風が違う。カクテルライトに照らされるグラウンド。応援の熱気。
2-2で迎えた9回裏二死1塁。亀山努が桑田真澄の速球を、バットを折りながらも右中間へ弾き返し、一塁走者和田豊が一気に生還しサヨナラ勝ちとなる。歓喜。
グラウンドでヘルメットを空中に放り投げ、ヒーローインタビューで「背筋が寒くなった」とコメントした。
勝利の「六甲颪」。俺は完全にトラ党になった。

よく通いました。92年のヤクルトとのデッドヒート。最終戦の一つ前の直接対決でヤクルトが勝ち、優勝を決めた。
聖地で胴上げされる野村監督に「帰れ」コールで祝福。
05年の日本シリーズでは、金本の同点弾、藤本のサヨナラヒットに涙した。

Img_5622もちろん高校野球も堪能しました。
春夏連覇した松坂大輔が、決勝で見せたノーヒット・ノーラン。
大阪桐蔭・平田の1試合3本塁打。
昨夏の早稲田実業と駒大苫小牧の決勝再試合。
炎天下、直射日光を浴びながら食うカレーの旨いことよ。
ビールの旨いことよ。

嗚呼、それなのに、聖地を離れる悲しみ。

しかも、新しい我が家は、福岡ドームのすぐそば。
下見のため街を歩くと、ホークスグッズばかり。
子供が悪い宗教に染まってしまわないかも不安だ…。

Nec_0007_2なので、とりあえず、「韃靼帽」ならぬ「トラ帽」をつけてみた。
なんと満面の笑みではないか!!
偉いぞ!!
父は何も望まない。
阪神が好きにさえなってくれれば。
早く一緒に甲子園へ行き、ビール飲もうな。

でも、なんとなく、太りすぎではないか?

| | Comments (1)

August 22, 2006

決勝再試合も死闘でした

昨日の延長15回引き分けを見てしまったら、きょうも行くしかない、と、
またまた甲子園へ行ってきました。

Photo_8いつ来ても、いい球場だなあ。

昨日は夜勤だったので、私も睡眠4時間。ただ観戦しているだけでも疲れるのに、この炎天下で戦っている球児は大変でしょうね。特に気になるのは早実の斎藤くん。4日連続の投球。うーん、1日休ませてあげたい。

いつものように阪神百貨店で唐揚げを買い、阪神電車で甲子園へ。
車内で同僚と遭遇。彼も休みで、観戦に向かっていた(大丈夫か、うちの会社…)。
彼は早大出身なので、早実についていろいろ情報を聞く。

平日なのでそんなに人はいないだろうと思っていたら、

A_1すんごい人……。きょうも5万人。開門時には2100人が並んでいたらしい。アルプススタンドの応援も力が入っている。
バックネット裏で観戦したのですが、吹奏楽の演奏や歓声が銀傘(バックネット裏を覆っている大屋根)に反響し、すごい迫力。
で、いつものようにカレー。昨日は売り切れていたんですが、
    
Photo_9取りあえず確保。ほんまよかった。焼き鳥カレーを堪能。旨いですねぇ。
汗をだらだらかきながらの生ビールも最高!

試合詳細はスポーツニュースや新聞を読んでもらうとして、斎藤くんは、昨日より調子がよかったんじゃないかなぁ。駒大苫小牧の4番・本間くんは、力みすぎているうえに変化球に全くタイミングがあっていない。駒苫の先発は、昨日と同じく菊地くんだったけど、最初から田中くんを出したほうがよかったんちゃう?
最終回。早実3点リードだったけど、ホームランで1点差。両校のアルプススタンド・内野席からすさまじい応援・歓声・悲鳴の声。こちらも震えてくる。痺れるような緊張感。
本間くんは空振り三振。次の打者も討ち取られ、打者は田中くん。
初球から140㌔台。何球かファウルで粘ったけど、気迫のこもった投球で

Photo_10Photo_11三振、試合終了。
双方の球児の、全力を尽くした戦いぶりに、ほろっとしてしまいました。
 
 
 
 
 
Photo_12Photo_13ちょっとぼけてるけど、斎藤くんのインタビュー風景。
球児のみなさん、すばらしい夏をありがとうございました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)