« November 2010 | Main | March 2011 »

December 08, 2010

福岡国際マラソン→草八→蜂楽饅頭

5日は福岡国際マラソン。
これを観戦しないと、冬が来た気がしない。

Dscn5163


速いよなぁと感動し、「俺もマラソンやってみようかいな」とほんの少しだけ考え、
やはり萎えてしまうという、俺にとっての毎年恒例の「お約束」。

Dscn5164Dscn5165

これも恒例となりつつあるが、近くの蕎麦屋「草八」でかるく蕎麦をいただく。
観戦で凍えた体には、温かいおつゆがありがたい。

その後は、蜂楽饅頭を土産に買って帰る。

| | Comments (7)

December 05, 2010

最近はまっている晩酌

福岡の冬は、風が強く、意外に寒い。

で、晩酌は燗酒が恋しくなってくる。

Dscn4759


最近お気に入りの飲み方は、片口に純米酒を入れ、電子レンジで「お酒」の「弱」と「中」の間に設定し、温める。
それを徳利に移すというやり方。

「大田和彦の今夜は家呑み」という本に、

「手軽な専用盆を用意し、徳利、盃、箸、皿一枚を置く。広い机に漫然と置くのでなく、盆という結界に整えることで型ができる。この盆を小宇宙の本丸とし、つまみも選ばれた一品しか置かない。その他のもろもろは外様として外に出ていってもらう。こうして家呑みのワールドをつくる」
とあり、それに感銘を受け、真似している。


酒が旨い。夜が更けていく。
いい酒器を整えたいが、時間がない…。

| | Comments (57)

最近読んで印象的な言葉

「梅棹忠夫 語る」(聞き手 小山修三)

「どうして考古学者はああバカなんや? 文明を全然わかっとらん」「遺物第一主義とは、いかにバカげているか。人間の全体像を見ていない」

……その指摘、当たっている気がする。

| | Comments (8)

« November 2010 | Main | March 2011 »