« 憧憬のラオス①昼下がりのビエンチャン | Main | 憧憬のラオス②ラオス航空でルアンパバーンへ »

August 14, 2006

充実している九州国立博物館

週末は、祖父の初盆のため福岡に帰省した。
親類が大勢やってきて、気疲れした。

日曜日は、ちょっと早めに実家を出て、最近開館した九州国立博物館をめざす。

Img_5526十数年ぶりの太宰府天満宮。中学・高校・大学の合格祈願だけでなく、毎年初詣に来ていたなぁ。梅が枝餅を頬張りながらぶらつこうと思ったけど、暑くてそんな気分になれず。参道って案外狭かったんだ。
アジア系の観光客が多く、いろんな言葉が聞こえてくる。
 
 
Img_5534大道芸をやっていた。懐かしい「南京玉簾」。見に行こうかと思ったが、ちょうど終わってしまい残念だった。
炎天下なのに着物を着て、ご苦労様です。

ほんのちょっとだけ参拝し、境内を散策。
博物館をめざす。

Img_5530Img_5531_1外観はガラス張りで美しい。中に入ると、天井が高くて気持ちがいい。物産展も開かれている。ユニークな考えだと感心。
特別展は「南の貝のものがたり」。女性や子供にも興味を持たれるよう展示が工夫されている。貝って美しいんだなぁと、改めて実感。楽しく見学できました。
同時に「発掘された日本列島2006」も催されていたので、すごく得した気分。
常設展も充実しており、またじっくり見学したい。

|

« 憧憬のラオス①昼下がりのビエンチャン | Main | 憧憬のラオス②ラオス航空でルアンパバーンへ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 充実している九州国立博物館:

« 憧憬のラオス①昼下がりのビエンチャン | Main | 憧憬のラオス②ラオス航空でルアンパバーンへ »